ELIKON 535

Belomo ELIKON 535で撮影した写真 (Part.3)

elikon535_2013Sep004
( Belomo ELIKON 535 )

ロシア製トイカメラ、ELIKON 535。
(もちろんメーカーはトイカメラを作ろうと思って設計したわけではないのですが..)
ELIKON 535は意外としっかりした写りをするカメラです。
それでもどことなくトイカメラテイストが漂っているところが魅力です。

elikon535_2013Sep005
( Belomo ELIKON 535 )

発色に派手さはありませんが、個人的にはELIKON 535の写りを気に入っています。
写真の周辺付近でも歪曲が少ないレンズです。
今までの写真を見て判るように、ちゃんと柱などの直線部分はまっすぐな直線として写っています。
日本でトイカメラとして有名なLOMO LC-AやHOLGA等では周辺部がかなり歪みます。

CAMERA:Belomo ELIKON 535
Film:Kodak SUPER GOLD 400
Scanner:EPSON GT-X970


Belomo ELIKON 535で撮影した写真 (Part.2)

elikon535_2013Sep002
( Belomo ELIKON 535 )

Belomo ELIKON 535はソビエト連邦から独立した現在のベラルーシ共和国で製造されたカメラです。
メーカー名のBelomoはLOMO LC-AやSMENA-8M等で有名なLOMOと似ていますが違う会社です。
LOMOはロシアのレニングラード(現サンクトペテルブルグ)の光学機器会社です。

写真を見て頂くと判ると思いますが、Belomo ELIKON 535で撮った写真はいかにもトイカメラらしく周辺部が光量落ちして少し暗く写ります。
それでもLOMO LC-Aと比べるとまだ光量落ちは少ない方です。

elikon535_2013Sep003
( Belomo ELIKON 535 )

ELIKON 535はMinar-2という焦点距離35mm、f/3.8のレンズを搭載しています。
これもLOMO LC-AのMinitar 1というレンズと名前がよく似ていますが、焦点距離も違いますし全くの別物です。
ELIKON 535のレンズはLOMO LC-Aほどの強烈な個性はありませんが、
それでも十分にトイカメラ愛好家を惹きつける魅力を持っています。

CAMERA:Belomo ELIKON 535
Film:Kodak SUPER GOLD 400
Scanner:EPSON GT-X970


Belomo ELIKON 535で撮影した写真 (Part.1)

久しぶりにフィルムカメラで写真を撮ってみました。
今回の相棒はロシア製コンパクトカメラのBelomo ELIKON 535
1年程前にeBayで入手して以来、まだ一度も撮影していなかったカメラです。

elikon535_2013Sep001
( Belomo ELIKON 535 )

デジタルカメラの写真にすっかり慣れた目には、
旧世代のフィルム式トイカメラが捉えた光景がとても新鮮に映ります。
この光の表現の面白さはどうでしょう。
忘れかけていたものが朧気ながら見えてくるような少し不思議な感覚。
やっぱり私の写真の原点は他の何処でもない此処なのだろう。
”ここから”再び何かが始まる予感がします。

CAMERA:Belomo ELIKON 535
Film:Kodak SUPER GOLD 400
Scanner:EPSON GT-X970