PENTAX K10D

PENTAX K10Dで猫君を撮る 2

neko_2016_0606
( PENTAX K10D + smc PENTAX-DA35mmF2.4AL )

男の子らしく、ちょっとやんちゃな顔になってます。
猫の狩猟本能のスイッチが本格的にONになると、
もっとやんちゃな顔になります。(笑)

neko_2016_0607
( PENTAX K10D + PENTAX FA43mm F1.9 Limited)

こちらはまったりモードの猫君。

こうして見比べてみると一枚目のPENTAX-DA35mmF2.4ALの画はコントラストが高いですね。
個人的にはFA43mm F1.9 Limitedの柔らかな描写の方が好きです。
まったり気分の猫君を撮るのにはピッタリ。
FA43mmの最短撮影距離は45cmなので、この写真の距離までしか寄れません。


PENTAX K10Dで猫君を撮る

neko_2016_0603
( PENTAX K10D + PENTAX FA43mm F1.9 Limited)

PENTAX K10Dは2006年11月30日に発売された1020万画素のデジタル一眼レフカメラです。
もうすぐ10年近く前の話になるんですね。

私が発売前から予約を入れて購入したカメラは後にも先にもこのPENTAX K10Dだけです。
当時、発売前から人気が高く生産が追いつかず、実際に手にすることが出来たのは翌年の1月中旬でした。

ISO400までで使うなら今見ても十分綺麗な画質だと思います。
私はPENTAXの発色は大好きなんです。

neko_2016_0604
( PENTAX K10D + smc PENTAX-DA35mmF2.4AL )

こちらは新品でも一万円台で手に入る単焦点レンズPENTAX-DA35mmF2.4ALで撮ったもの。
鏡胴もマウント部もプラスチック製でコストダウンしてありますが、写りは良いです。

neko_2016_0605
( PENTAX K10D + smc PENTAX-DA35mmF2.4AL )

最短撮影距離は0.3mなので結構寄れます。

もちろん一枚目のPENTAX FA43mm F1.9 Limitedには画質面で及びませんが、
リーズナブルな価格で単焦点レンズの良さを気軽に楽しむことが出来ます。


サクラサク ~ PENTAX K10D編

k10d_2014apr001
( PENTAX K10D + SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO )

今でもPENTAX K10Dは現役です。
SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACROと組み合わせて桜を撮ってみました。

k10d_2014apr002
( PENTAX K10D + SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO )

PENTAX K-5IIsと比べると解像感では負けますがK10Dはこれからも使い続けていきたいカメラです。

k10d_2014apr003
( PENTAX K10D + SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO )

この日はポカポカ陽気で猫達もご機嫌でした。
SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACROは低価格ですが結構使えるレンズです。

k10d_2014apr004
( PENTAX K10D + SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO )

レンズの値段を考えると十分以上の写りだと思います。

k10d_2014apr005
( PENTAX K10D + SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO )

300mm(35mm換算で450mm相当)の望遠レンズを手持ちで使えるのはうれしいですね。

k10d_2014apr006
( PENTAX K10D + SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO )

今回の撮影では望遠ズームレンズが役立ちました。

k10d_2014apr007
( PENTAX K10D + SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO )

ふたたび猫の登場。
遠景は満開の桜。

k10d_2014apr008
( PENTAX K10D + SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO )

神社の門越しに見る桜もなかなか風情があります。