PENTAX K10D

熊本県山鹿市を歩く(Part.3)

k10d_2013dec001
( PENTAX K10D + TAMRON SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF] Model A16 )

街道の途中には屋根付きの休憩スペースがあったりして散策者にとっては嬉しい配慮です。

k10d_2013dec002
( PENTAX K10D + TAMRON SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF] Model A16 )

写真右側は山鹿灯籠祭りで踊り子さん達が頭に載せる灯籠の製作工房です。
灯籠は全て和紙でできており灯籠師と呼ばれる域に達するには10年以上の修行が必要とのことです。

k10d_2013dec003
( PENTAX K10D + TAMRON SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF] Model A16 )

こちらのお店では着物のレンタルをされているそうで、着物に着替えて山鹿の町並みを散策するのもよいですね。
季節によって暖簾が変わるので山鹿を訪れる度にシャッターを切ってしまう場所の一つです。

k10d_2013dec004
( PENTAX K10D + TAMRON SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF] Model A16 )

「男をキメる」
和テイストの町並みの中にこんなポスターを貼ったお店があったりします。
昔ながらの床屋さんなのかと思ったらクリーニング屋さんでした。
こういうのも私のツボにはまる素材の一つです。


熊本県山鹿市を歩く(Part.2)

k10d_2013nov001
( PENTAX K10D + TAMRON SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF] Model A16 )

かつて参勤交代道として栄えた豊前街道付近を歩きます。
古い町屋造りの建物の中にお洒落なカフェがさりげなくあったりします。

k10d_2013nov002
( PENTAX K10D + TAMRON SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF] Model A16 )

骨董屋さんの店先で可愛い鉢植えを発見、すかさず撮影。
TAMRON Model A16は評判どおりの良いレンズだと今さらながら感心します。
PENTAX K10Dとの相性も抜群です。

k10d_2013nov003
( PENTAX K10D + TAMRON SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF] Model A16 )

明治44年以来の歴史を持つ国指定重要文化財の八千代座。
坂東玉三郎は何度もここ八千代座で公演していますし、最近では市川海老蔵の公演も行われました。
日本の伝統文化を支える場があるって素晴らしいことです。

k10d_2013nov004
( PENTAX K10D + TAMRON SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF] Model A16 )

以前は単焦点レンズを使うことが多かったけど、このズームレンズを入手して以来もっぱらこればかり使っています。
何故なら便利だから。

k10d_2013nov005
( PENTAX K10D + TAMRON SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF] Model A16 )

名所旧跡に出かけても、やっぱりこういう被写体ばかり撮ってしまいます。

k10d_2013nov006
( PENTAX K10D + TAMRON SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF] Model A16 )

こんなのが店先に並べてあるともうだめです。
反射的にカメラを構えてしまいます。
最近ではこれが自分のカラーだと思うことにしています。


熊本県山鹿市を歩く(Part.1)

k10d_2013oct007
( PENTAX K10D + TAMRON SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF] Model A16 )

10月下旬に熊本県の山鹿市を散策してきました。
これは山鹿市鹿本町の丘の上にある『石のかざぐるま』。
三本の風車はそれぞれ別の方向を向いており、正面方向から羽根に風が当たった時に回転します。

k10d_2013oct008
( PENTAX K10D + TAMRON SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF] Model A16 )

『石のかざぐるま』は赤御影石で出来ていて風速3m程度の風でも回るそうです。
あいにくこの日は無風でどの羽根も回っていませんでしたが、たまたま通りかかった温泉の送迎バスの運転手さんが車を降りてきて長いホウキを使って羽根を回してくれました。
軽く押しただけで結構長い間回っていました。

k10d_2013oct009
( PENTAX K10D + TAMRON SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF] Model A16 )

写真で見ると小さく見えるかもしれませんが、中央の風車は全高5.5mもあります。
周囲は公園になっていて、キャンプ場や古墳群もあります。

k10d_2013oct010
( PENTAX K10D + TAMRON SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF] Model A16 )

うろこ雲もでて、すっかり秋の空です。

k10d_2013oct011
( PENTAX K10D + TAMRON SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF] Model A16 )

山鹿市鹿本町の特産品の”来民渋うちわ”をモチーフにしたモニュメント。
来民(くたみ)の渋うちわは江戸時代からこの地方に受け継がれている伝統工芸品で、
うちわの和紙部分に柿渋を塗って一本一本手作りで作られています。

k10d_2013oct012
( PENTAX K10D + TAMRON SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF] Model A16 )

この日は天気も良く、綺麗な青空を見ながら心地よい時間を楽しめました。