PENTAX K10D

PENTAX K10D その3

pk070103.jpg
( PENTAX K10D + MC ZENITAR-M2s 50mm F2)
K10Dが来るまで私の持っているデジタルカメラは35万画素でした。
今更ながらデジタルカメラの進化をひしひしと感じています。
ここまでくるともう浦島太郎状態ですね。
そりゃあフィルムカメラが売れなくなる筈です。
でもフィルムが無くなることはないでしょう。
それにしてもここ数日、今までになく真面目に更新してますね。
これもデジタル化の恩恵かも。(笑)


PENTAX K10D その2

pk070102.jpg
( PENTAX K10D + MC ZENITAR-M2s 50mm F2)
PENTAX K10Dは派手さのない自然な写りで、私はとても好感を持っています。
輪郭の強調はひかえめだし、彩度を上げたりしていないようですね。
そういえば、鮮やかモードはまだ試してなかったです。
ファインダーも見易くてマニュアルフォーカスも楽です。
M42レンズを使っていても手ブレ補正は効くし、
ピントが合った時にはピッという音がして
ファインダー内のフォーカスインジケーターが赤く点灯するので便利です。


PENTAX K10D 登場

pk070101.jpg
( PENTAX K10D + MC ZENITAR-M2s 50mm F2)
JPEG出力、補正無し、縮小のみの写真で、
F2.8 1/10秒 ISO640 ホワイトバランスはオートでの撮影です。
やっとPENTAX K10Dを手にすることが出来ました。
さっそく手持ちのM42マウントのロシア製レンズ
MC ZENITAR-M2s 50mm F2を付けて試写してみました。
このレンズはZENIT 312Mに付いていたマニュアルフォーカスレンズです。
注文しているレンズが届くまでは、これ一本で楽しみたいと思ってます。