ピンホールカメラ

ph040209.jpg
学研ピンホールカメラ
これは学研の大人の科学マガジンの付録ピンホールカメラで撮ったもの。
今度PHaT PHOTO誌の付録に付くピンホールカメラも
35mmフィルムを使う仕様になっているようです。
学研ピンホールカメラのピンホールレンズ部分はプラスチック製の部品だったので
厚さもありピンホールの直径も大きめでした。
一般的にはピンホールは直径が小さく、厚みも薄い方が解像度が高くなるようです。
PHaT PHOTOピンホールカメラのピンホールパーツがどうなっているのか気になりますね。
P-SHARANを作ったSHARAN製ということで、ピンホールパーツの仕上がりに期待しています。


4月20日発売のPHaT PHOTO誌

昨年のトイカメラ特集でLOMO Qが誌面に登場した写真誌PHaT PHOTOの
4月20日発売号はピンホールカメラ特集です。
なんと組み立て式のピンホールカメラが付録に付いて980円だそうです。
そしてそのピンホールカメラの設計・作成は
あの紙製ピンホールカメラP-SHARANを発売しているSHARAN。
かなり期待出来そうですね。
PHaT
PHOTO編集部日記
でついにその全貌が明らかになっています。
http://www.terauchi.com/phatphoto/editor_diary.html

センスの良い仕上がりですね。
当然私も購入します、発売日が楽しみです。